フロアコーティングの種類について

一口にフロアコーティングと言っても、様々な種類があります。ここでは代表的なフロアコーティング4種について、その特徴をご紹介します。求める性能やライフスタイル、予算に合わせ、自分にピッタリなフロアコーティングを見定めましょう!

種類 特徴 耐用年数 性能 価格
アクリル系
(ワックス)
  • 「ツヤ出し」が主目的
  • 保護性能が弱く、水や洗剤にも溶けてしまう
  • 「剥離作業」も「塗り直し」も簡単
~3年 star 安価
ウレタン
コーティング
  • 特に「摩擦に対する強さ」が優れる
  • 密着が比較的弱い(剥がれの原因となる)
  • 薬品に対してやや弱い(アルカリ性の洗剤等)
8~10年 star star star 普通
シリコン
コーティング
  • 硬さや薬品に対する強さなど、基本的な性能が高い
  • 耐久性がやや低いのと、「塗り直し」が難しいため、長期間保護したい床には不向き
  • フローリングだけでなく、キッチンなどにもよく用いられる
5~10年 star star star star やや高価
UV
コーティング
  • 保護性能が最も高い
  • 「塗り直し」が可能
  • 瞬間で硬化(乾燥待ち時間が無い)ため、入居も補修(部分直し)も直ぐにできる
  • 特殊な機材と、高い技術を要する
20年以上 star star star star star 高価

価格に応じて性能・耐用年数も比例して上がっていきます。
高価で高性能なコーティングほど、業者選びは慎重にしたいですね!
業者さん選びのコツも説明しているので、是非参考にして下さいね!